のりもも

焼のり 青混ぜのり

¥2,000

AS0011

内容量:板のり 10枚

 

「香りを食べる」と言っても過言ではないほど、強い香りが特徴の青混ぜのり。黒いのりのなかに青のりが混じったのりで、青のりの入り方、量によって「青」「青混ぜ」「青とび」と呼ばれる知る人ぞ知るのりです。塩のおにぎりやお餅などシンプルな食材に合わせていただくと、青のりの香りがいっそう引き立ちます。

 

  


  

<div><strong>瀬戸内海が育てた一枚の “和食”</strong></div>
まずは、ぜいたくにそのまま
 
のりの純粋な風味を味わうなら、まずはそのままお召し上がりください。青混ぜのり最大の特徴である香りをこの上なく感じていただけます。火で炙っていただくと、パリッとした食感や風味がさらに引き立ちます。
 
 
 
<div><strong>瀬戸内の恵みぜんぶ乗せ</strong></div>
ウニといくらで磯を感じる一品に
 
青混ぜのりの香りをいっそう引き立てるには、素材の旨みを活かしたシンプルなお料理に。例えば、濃厚なウニやいくらの寿司を乗せれば、香りのハーモニーを味わえます。
 
 
 
ウニいくらのっけ寿司
 
青のりの強い香りが特徴の青混ぜのりに、磯の香り豊かなうにといくらをこぼれるほど乗せた「香りを食べる」のっけ寿司。うにといくらの濃厚な味わいはもちろん、口に入れた瞬間に鼻腔を駆け抜ける海風を感じてください。